鍵・錠前・電気錠を始め、金庫等のご相談も承ります。

tel.087-867-4141

営業時間 10:00~19:00(日曜日除く)

お問い合わせ

美和ロックサービス代行店SD

おすすめコンテンツ

戸建住宅の約62%が窓、約32%が玄関・勝手口をターゲットに

近年、住宅への侵入窃盗件数が増加し、手口も巧妙化するなど社会的に深刻な状況になってきています。また、その侵入経路とされやすい箇所が、窓や玄関といった開口部とされています。ここでは、この開口部に対する防犯対策・設備について、例を交えてご紹介します。
戸建住宅の約62%が窓、約32%が玄関・勝手口をターゲットに

この記事を読む

住宅侵入被害の30%がマンション(集合住宅)

住宅への侵入被害の約30%はマンションなどの集合住宅で発生しているとされ、オートロックなどの設備が整った中高層のマンションであっても例外ではありません。むしろ環境によっては「侵入者にとっては都合のいい環境」が整っている場合があります。ここでは、この不正な侵入に対する対策を実例を交えてご紹介します。
住宅侵入被害の30%がマンション(集合住宅)

この記事を読む

オーナー様・管理組合様 に読んでほしい「安全で快適な住まいづくり」

適切な「防犯対策」は、人の生命や財産を守ることはもちろん、物件自体の価値の維持・向上にもつながります。また、物件の管理・経営をされているオーナー様や管理会社様にとっては、入居者様のニーズが高い要件をおさえることで、物件価値の向上や入居の促進につながる場合もあります。
オーナー様・管理組合様 に読んでほしい「安全で快適な住まいづくり」

この記事を読む

大家さんにも知ってもらいたい 「防犯対策物件が人気の理由」

賃貸住宅は、ワンルームなどの単身者に人気のタイプが多いことから狙われやすい傾向にあるとされています。これには、入居者のライフスタイルと建物の性質が大きく関係しているとされます。
大家さんにも知ってもらいたい 「防犯対策物件が人気の理由」

この記事を読む

狙われる店舗(お店)。その手口と対策とは。

店舗(飲食店・商店など)を狙った侵入窃盗は、住宅と比較すると件数は少ない傾向にあるものの、売上金や商品が盗まれ被害総額が高額になるケースも多いため、入念な防犯対策が必要となります。
狙われる店舗(お店)。その手口と対策とは。

この記事を読む

実は侵入されやすい。オフィスの防犯事情。

侵入窃盗被害のうち、約13%が一般事務所(オフィス)とされています。不特定多数の人が出入りし、周囲に怪しまれにくいするオフィスは、泥棒のターゲットになることも。
実は侵入されやすい。オフィスの防犯事情。

この記事を読む

電気錠の耐用年数

どんなものでも寿命はあり、錠前をはじめとするセキュリティ機器も例外ではありません。 今回はあまり知られていない「電気錠」の耐用年数(取り替え時期)を中心にお伝えいたします。
電気錠の耐用年数

この記事を読む